読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIMとSIMフリーの格安スマホの価格や特徴、契約できるMVNO

格安スマホの相場、平均的な月額料金!MVNO格安SIMの提供会社で格安SIMとSIMフリーのスマートフォンをセットで買う方法と、MVNOで格安SIMだけ申し込んでSIMフリーのスマートフォンはAmazonや大手家電量販店で買う方法セットで買うデメリット

NURO MOBILE、1日5時間までなら高速通信を制限なく使い放題

NURO MOBILEの評判・通信速度

 

NURO MOBILE「0SIM」がお得

『0SIM』は、月々のデータ容量が500MB以下であれば、データSIMの基本料金が0円になるという目を疑うようなSIMとなっています。

誕生当初は雑誌のおまけ的な立ち位置でしかありませんでしたが、利用者からの評判が高かったこともあったのか、一般向けサービスにまで進化したのです。

所有できるSIMカードは契約者一人に対して一枚となっています。

データ通信容量500MBからは、2GB未満の利用であれば100MB利用する毎に100円が上乗せされ、2GB以上からは1,600円が上乗せされることとなっており、5GBを超過した場合には通信速度に規制がかけられるといった、従量制のプラン、二段階制の定額プランの二つが存在すると思わせるユニークなシステムとなっているのです。

SMSは150円、音声通話は700円を追加で支払うことで利用出来ます。

気を付けたいのは、データ専用SIMや或いはそれにSMSが付いているSIMの場合、3ヶ月に渡りデータ通信量が0となると、強制的に契約を打ち切られるという点です。

普段からデータ通信を利用しない方でも、契約を打ち切られないようにするために、月に何回かはデータ通信を行うようにして下さい。

また、音声通話SIMの場合は、1年縛りが存在し、1年未満で契約を解除すると違約金が発生するのでこの点にも注意が必要です。

『0SIM』は料金が安いという大きな魅力があるわけですが、他では見られない難所が多少存在するようですので、スマートフォン初心者にはあまり勧められないものとなっています。

自身のデータ通信量がどれぐらいかが分かるようになってから利用を検討するようにしましょう。

そして、『0SIM』を契約すると、ここと同じ会社で取り扱っている『nuro光』といった他のサービスの勧誘を受けることもあるようですので、このような勧誘は避けたいと思う方は要注意です。

 

 nuromobile

 

 

・データプランが業界最安値クラス 

docomo回線が使えてこの価格!【2GB】700円(税抜き)~

 

・時間プランの提供を開始

1日5時間までなら高速通信を制限なく使い放題。【5時間プラン】2,500円~

 

 

 

 

f:id:navkun:20170317192949j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

nuroモバイル(ニューロモバイルと読みます。)は元のソネット、現在のソニーネットワークコミュニケーションズが取り扱う格安SIMサービスであり、ドコモの回線が使われています。

安い料金で利用でき、データ容量も2GBからは1GB単位で好きなものを選ぶことが可能です。

nuroモバイルは社名がソネットだった時にも格安SIMに関する事業が行なわれていましたが、しっかりと本腰を入れて行ってこなかったから、成功することなく会社を駄目にしてしまったため、サービスという点での信頼は高くはありません。

データSIMに限っては問題ないようですが、音声通話のSIMを選ぶ時はじっくり考えてからにした方がよさそうです。

 

NURO MOBILEのプラン

 データ通信
SIM
データ通信
SIM+SMS
(+150円)
音声通話
SIM
(+700円)
2GB 700円 850円 1,400円
3GB 900円 1,050円 1,600円
4GB 1,100円 1,250円 1,800円
5GB 1,300円 1,450円 2,000円
6GB 1,500円 1,650円 2,200円
7GB 1,700円 1,850円 2,400円
8GB 1,900円 2,050円 2,600円
9GB 2,100円 2,250円 2,800円
10GB 2,300円 2,450円 3,000円

この他に初期手数料が3000円かかります。

NURO MOBILE オプション料金

  • 留守番電話機能→300円/月
  • キャッチホン→200円/月
  • SIM再発行、サイズ変更、交換手数料→3000円/枚
  • MNP手数料→3000円

NURO MOBILE 通信速度制限

3日制限は存在しますが、具体的な数値は不明です。サポートにも問い合わせ見ましたが教えてくれませんでした

NURO MOBILE テザリングについて

NURO MOBILEではSIMフリー端末であればテザリングを使用することができます。これは格安SIM全般に言えることですが、docomoで契約していた端末をSIMロック解除してnuromobileで使ってもテザリングはできないので注意してください。

nuromobile 動作端末

現在キャリアと契約している方はdocomoであればSIMロックを解除すればnuroモバイルでそのまま使うことができます。ausoftbankの場合はSIMロックを解除してもnuroモバイルで使えないので格安スマホを同時購入する必要があります。

 

f:id:navkun:20170403221333p:plain

 

nuroモバイルのメリット

NURO MOBILE 料金体系がわかりやすい

NURO MOBILEになってからは、nuromobileサイトが見やすくなり、料金に関することも理解のしやすいものへと改善されています。

他の会社では、月々の料金を表示する際、サービスの料金を合算した形で表示されるわけですが、NUROモバイルの場合は、SMS・通話に関する料金、データSIMに関する料金といったように、各々のサービス別に料金を計算して示してくれるため、毎月支払う料金がすぐにイメージ出来るようになっているのです。

それに加えて、9つ(2GBから10GB)と数多くのデータ容量のプランが取り扱われていますので、自分に合ったプランを必ず見つけられるでしょうし、余った分は次の月に繰り越すことも可能となっていて、別のプランへの変更もnuromobile ホームページからすぐに行えるようになっています。

NURO MOBILE 通信速度がそこそこ速い

NURO MOBILEの場合、サービスが提供されるようになって間もない頃は、通信速度が飛び抜けて速いまではいかないものの、それなりの通信速度にはなっていたと言われていて、1月の時点でもそれは変わっていないと言われています。

このように飛び抜けて速い速度とならなかったのは、nuroモバイルではこの他にも「0SIM」、「Play SIM」、「So-netモバイルLTE」といったサービスも取り扱っていて、これらが概ね1つの回線を利用して提供されているからではないかと思うのです。

So-netの回線が使われている格安SIMの場合、利用者からの声を見ると通信速度が速いという声はあまり見られません。

この先は徐々に速度が落ちてきて、他の会社の格安SIMの平均速度より若干遅いところで留まるのではないかと思われます。

nuromobile 利用開始初月は無料

nuroモバイルでは、利用を始めた最初の月だけはプランが無料で提供されています。

2GB、3GBのような容量が小さなプランでは料金がそれほど高くならないので、それほどでもなさそうですが、容量が10GBではデータSIMの料金のみで2,300円かかってしまい、音声通話、SMSのSIMも加えると料金が3,000円となってしまうのです。

その他にも最初の月には事務手数料として3,000円が必要となるため、プランが無料で提供されるというのは、色々な意味で大変助かるのではないかと思われます。

スマホを買うとセキュリティソフトが無料になる

サービスの申込み時に端末も一緒に購入すれば、セキュリティ関連のサービスを無料で利用することが可能です。

通常は24ヶ月かけて端末の料金を支払っていくこととなっており、モデル別に毎月の支払い料金が583円、1417円、1917円と分かれています。

ウイルスのようなものは、いつ感染するか予測がつきませんので、パソコンを利用する時と同じように、セキュリティに関しては常に完璧なものとするべきです。

 

nuromobile 問い合わせ対応が良い

格安SIMに関することで会社に問い合わせても、すぐにお話が出来ないといったケースが多く、さらに悪い場合は電話料金が発生するというケースもあるとされています。

その反面、nuroモバイルでは、電話料金が発生することがなく、長時間待たされるといったこともありません。

また、他の会社の場合は、コールセンターに業務委託しているためか、全く知識のない人が対応する場合があるわけですが、nuroモバイルではそれなりに知識のある人間がきちんと対応してくれるので安心です。

nuroモバイルのデメリット

チャージ料金が高い

一ヶ月以内に規定のデータ容量に達した時も、データを追加することで高速回線の利用が可能となっています。

料金を支払ってまで高速回線を利用したくないという方が殆どかと思われますので、それほど重要視する要素ではないとも言えますが、nuroモバイルではデータを追加するには多額の料金を支払う必要があるのです。

具体的には、100MBで500円、500MBで2,100円、1GBで3,800円となっています。

比較をするために、マイネオでの料金も挙げておくと、マイネオでは100MBで150円、500MBで750円、1GBで1,500円ということですので、nuroの場合はマイネオの約3倍の料金を支払わなければならないのです。

さらにマイネオの場合は、『フリータンク』と呼ばれるサービスを利用することで、毎月最大1GBのデータが無料で利用出来るようになっています。

唯一利点と思われるのは、他の会社では追加したデータ容量は次の月迄に使い切る必要がありますが、nuroモバイルでは追加した月から3ヶ月先の月末迄利用出来るという点です。

しかし、その点を考慮しても、nuroモバイルの追加料金は高いと言わざるを得ません。

最低契約期間が長い

nuroモバイルは、少なくとも1年間は利用しなければなりませんが、データ通信しか利用していない方の場合は、例外となっています。

契約してからの月数が長くなるに連れて違約金の額が一ヶ月あたり1,080円少なくなりますので、出来るだけ長く利用することが重要です。

 

速度切り替えやバースト機能がない

他の会社の多くの格安SIMでは自由に通信速度を切り替えられるようになっていますが、nuroモバイルではそれが不可能となっているのです。

ツイッターフェイスブックをアプリで楽しむ、或いは、ラジオをストリーミングで楽しむ場合や、音楽を視聴する場合等、これらの用途に合わせて低速回線を利用するといったことは行えませんので、ご注意下さい。

速度制限が不明

Nuroモバイルでは、3日迄の間に一定量を超えるデータ通信を行ってしまうと通信速度を200kbpsに落とされることとなっています。

ただ、この一定量に関する記載が見当たらないのが現状です。インターネット上の掲示板やツイッター等では、200MBから300MBではないかという声が多く見受けられます。

実際、私は260MBになった時に通信速度が低下しました。楽天モバイルも同じような制限が行なわれているわけですが、前述した通り、NURO MOBILEでは一定量がどれぐらいなのかが明らかになっておらず、楽天モバイル等とは違って、データ通信の容量をやりくりするのが難しくなっています。

今後この点が良くなることを期待したい

 

nuroモバイルの通信速度

東京都の新宿駅付近で実際に計測した通信速度を表にしました。

  • Ping: ピング=反応速度
    0ms~100ms 速い、100ms~200ms 普通、200ms~300ms 遅め、300ms以上~500ms 遅い、500ms以上 遅すぎ
  • ダウンロード: ダウンロード速度
    2Mbps以上 超速い、1Mbps~2Mbps 速い、0.6Mbps~1Mbps 普通、0.4Mbps~0.6Mbps 遅い、0.4Mbps未満 遅すぎ

計測時は平日の8時、12時、18時、21時の計4回計、ダウンロード速度が1Mbps以上あれば快適に使えるとみてください。計測月:2017年1月

時刻ダウンロードPing(ms)
8:16 3.89 66
12:36 0.33 79
18:33 0.95 30
22:13 1.66 29

通信速度はMVNOとしては遅めの部類に含まれます。特に、キャリアからnuroモバイルに乗り換えた場合体感速度はかなり遅くなると思っておいたほうが良いです。

通常のサイトやTwitterくらいであれば問題ありませんが、Youtubeなどはかなりきついです。

nuroモバイルの評判

Sebastian Poe @S7nP
gooスマホ g07、SIMは、暫定的にnuroモバイル(So-net)の0SIMを入れた。0SIMは、最近、劇遅になってきちゃっているけど、500MB/月未満なら0円だし、初期費用は例の雑誌代だけだし、貧乏人にはありがたい事だ www
2016年Dec22日 01:22
2 2件のリツイート 2 いいね2件

 

ナカムラ @naquamura
あまりこういう事を言いたくはないのですが、nuroモバイルの、少なくとも2Gコースは、噂に違わない速攻の速度制限で、控えめに言っても、しょーもないと言わざるをえないですので、半年無料に釣られるときは、サブ回線として試してみる事をおすすめします。
2017年Jan11日 20:01
件のリツイート いいね件


とんかつ @j2OtPePJB8QBpLs
nuromobileなんだこりゃ。iijmioの低速バースト転送よりも体感で遅いぞ。
2016年Dec22日 19:52
件のリツイート いいね件

黒酢 @bkvinegar2016su
NUROモバイル、SIM発行手数料で3240円かかるけどバリューポイントクラブ経由だと1944円バックか。ZenGoならセルスタンバイ気にしなくていいみたいだし、これで6か月しのいでもらおうかな
2017年Jan10日 10:32
件のリツイート 1 いいね1件

雪村 柚鈴(ゆっき~) @yukimura_yuzu
nuroモバイル、ここ最近ストレス貯まるレベルの遅さ・・・制限外れてもコレはいただけない。キャンペーン始まると流入多くてホントダメになるなぁ。
2016年Dec22日 19:00

 

 

nuroモバイルを実際に使ってみた感想

nuromobile 料金プランの設定はいい感じなのですが、通信速度が遅すぎてイライラします。また、最低契約期間も他社よりも長いので注意です。

まだサービスが提供されたばかりなのでこれからどうなるかはわかりませんが、現時点では様子見の格安SIMです。

 

 

 

nuroモバイル     おすすめ! SIMフリースマホと格安SIMセット

 

 

 

nuromobile(nuroモバイル)では、他のMVNOと同様に、SIMフリースマホ格安SIMのセット購入・利用ができます。おすすめの格安スマホをみてみましょう。

 

ZenFone 3 Max

ZenFone 3 Max
 



ZenFone 3 Maxは5.2インチのエントリ―モデル。4100mAhの大容量バッテリー搭載型ながら2万円台で購入できるためコスパに優れます。
nuromobile(nuroモバイル)では端末分割支払金864円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。

メーカー
ASUS
端末分割支払金
864円
支払期間
24か月
CPU
MediaTek MT6737M (クアッドコア)
画面サイズ
5.2インチ 1,280×720ドット (HD)

AQUOS ケータイ SH-N01

AQUOS ケータイ SH-N01
 



AQUOS ケータイ SH-N01は折り畳みタイプのガラホ。テザリングに対応していたりとガラホに見合わぬスペックが魅力的です。
nuromobile(nuroモバイル)では端末分割支払金1,188円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。
メーカー
SHARP
端末分割支払金
1,188円
支払期間
24か月
CPU
QualcommR Snapdragon™ 210 Processor 1.1GHz(クアッドコア
画面サイズ
約3.4インチ QHD/TFT

ZenFone 3

ZenFone 3
 


ASUSのZenFone 3は5.2インチサイズの高スペックスマホ。1,600万画素の高画質カメラや高感度の指紋認証センサー、オクタコアCPUなど、まさに最新鋭のスマホと言っても過言ではないスペックです。
nuromobile(nuroモバイル)では1,917円/月⇒1,620円(2月1日~)から格安SIMとのセット購入が可能です。

メーカー
ASUS
端末分割支払金
1,917円⇒1,620円(2月1日から)
支払期間
24か月
CPU
Qualcomm Snapdragon 625
画面サイズ
5.2インチSuper IPS+液晶ディスプレイ(1920 x 1080)

arows M03

arrows M03
 



arrows M03は富士通が手掛けた大人気のスマホ。国産スマホならではの操作性の良さに加えて防水・防塵・耐衝撃に優れワンセグおサイフケータイにも対応した優れもの。
nuromobile(nuroモバイル)では1,417円⇒1,404円(2月1日~)から格安SIMとのセット購入が可能です。

メーカー
富士通
端末分割支払金
1,417円/月⇒1,404円(2月1日から)
支払期間
24か月
CPU
MSM8916 1.2GHz Quad Core
画面サイズ
5.0インチHD IPS液晶(720×1280)

ZTE Blade E01

Blade E01
 

 

ZTE BLADE E01エントリーモデルにぴったりのお手頃スマホ。>5インチサイズのコンパクトな端末ながら多才なカメラモードをはじめとする操作感に優れています。
nuromobile(nuroモバイル)では583円/月⇒540円/月(2月1日~)から格安SIMとのセット購入が可能です。

メーカー
ZTE
端末分割支払金
583円⇒540円(2月1日から)
支払期間
24か月
CPU
Quad-Core MT6735P
画面サイズ
5.0インチ 720×1280 HD